Skip to content

ミノキシジルとは?その副作用について

ミノキシジルという成分を聞いたことがありますか?

私は、以前耳にしたことがあるような・・ないような・・といったレベルでした。

では、一体ミノキシジルとは何なのか?

と言いますと、血管を拡張させて血圧を低下させるために1970年代にアメリカで開発された成分だそうです。

しかし、後に血管の拡張のために使用していたところ、その副作用として全身の毛が多くなるという多毛症の症例が多く起きたということから、発毛効果があるということが分かってきました。

その後、薄毛などの脱毛症に有効だと発表されたことから、現在では一般的に発毛剤に使用されている成分になるようです。

つまり、現在発毛や育毛などに有効とされているミノキシジルですが、最初は全く別の作用をもたらす薬の副作用として発見された作用ということになるようです。

ドラッグストアにもこの成分が入った製品が販売されているので、気軽に手に入れることができますが、より高い効果を求めるのであれば、専門医に相談した方が高い効果が期待できるようです。

ミノキシジルと聞いても、ほとんどの方がピンと来ないのではないでしょうか?

しかし、育毛剤などに入っている成分だといえば、なんとなくその効果などは分かるのではないでしょうか?

しかし、このミノキシジルによる育毛作用とは、実は副作用として発見されたことをご存知でしょうか?

本来、ミノキシジルは血管を広げることで血圧を下げるという成分で、今から40年ほど前にアメリカで開発されたものだそうです。

しかし、この薬を使用していた患者さんの中に、毛が濃くなるという多毛の現象を起こした方が頻繁にいらっしゃったことから、発毛にも効果的な成分だということで、臨床検査をした後に脱毛症などに有効な成分であると発表されたそうです。

つまり、血圧を下げようとする人からすれば、発毛と言う作用が副作用になり、育毛や発毛を期待する人からすれば、血圧が低下するということが副作用になるということになりそうです。

ちなみに、ミノキシジルについて載っているサイトはこちらになります。

ミノキシジルの副作用をチェックしよう

ですので、元々血圧が低い人は、発毛について使用する時には注意が必要ですね。

Categories: .